FREE PEACE

  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ
  • 03-5312-8331

TOPICS

CV(バックオフィス)

清く正しく宝塚☆(澤田)


皆様こんにちは☆
 
昼間は上着なしの半袖でも気持ちよく過ごせる季節になりましたね♪
誕生日月でもある5月は「年間好きな月ランキング」ベスト3位に入るお気に入りの季節です(゚∀゚)
・・・ですが、お日様が帰った後のことを考えずに薄着で過ごしていたら、うっかり風邪をひいてしまいました。。。
皆様も油断なさらぬよう、ご自愛くださいませ。
 
さてさてそんな折、今までありそうでなかった初体験をしてきましたよ~♪
   
すみれのは~な~♪
咲~く~ころ~♪
 
で有名な宝塚歌劇団、観劇ッ!
演目は『スカーレットピンパーネル』
Photo_17-05-30-14-23-07.543
 
ご縁あって、入手困難なチケットを手配いただけることになったのです♪
弊社きってのヅカヲタ原口の指導のもと、熊谷も一緒にCV3人で観てきました☆
 
由緒正しい歌劇団の観劇とあって、事前に
清く正しく美しく観劇する為の“掟”を伝授してもらいました。
 
掟その1:背もたれから背中を離さない!(後ろの人が見えにくくなる為)
掟その2:拍手のタイミングは決まっているので、合わせる!
掟その3:ラインダンスとパレードの最後は手拍子で!
掟その4:入り出待ちはルールが細かくあるので、目立たないこと!
 
張り切ってしおりまで用意してくれた原口パイセン(笑)
キャプチャ
 
ミュージカルやライブなど、エンタテイメントなショーが大好物のわたしですが、
なんだか緊張を携えながら、滅多に行くことのない銀座で迷子になりつつ現地へ!
 
そして着席~♪(開演前なら写真OKだそうですby原口)
Photo_17-05-30-14-23-09.108
なかなかのお席でございました♪
 
肝心のストーリーはというと、
———
18世紀末のフランス。恐怖政治に反感を抱くイギリス貴族パーシー・ブレイクニーは、イギリスで赤い星型の花を指す“スカーレット・ピンパーネル”と名乗ってその正体を隠し、無実の罪で捕らわれた貴族達を国外へと逃亡させる活動を行っていた。ルイ16世の遺児ルイ・シャルル奪還を最大の目的としていたパーシーは、やがて信頼できる仲間達に自らの正体を明かし、共に立ち上がって欲しいと訴える。パーシーはマルグリットに真実の姿を隠したまま、高き理想を胸に抱いた仲間と共にドーヴァー海峡を渡り、パリへと向かう──。   
———
まぁつまり、隠れた正義の味方が大活躍するお話しです(゚∀゚)
 
ご存知の通り宝塚歌劇団は女性のみの劇団な訳で・・・、あの紳士もあのおじさんも女性な訳で・・・、
まぁ皆さんイケメンな訳で☆
・・・ただ、独特の宝塚メイクのせいか、澤田の顔面認識力が乏しいせいか、なかなか区別つかず(泣)
 
男役はもちろん、娘役の美しさも魅了されました。
劇中でメインでセリフを喋っている後ろで繰り広がっている舞踏会のざわざわも、
なんと品のある「おほほ」「うふふ」なんでしょう!
きらびやかな衣装と豪華なセット、そして素晴らしい歌唱力に心奪われた3時間でございました。
 
帰りに隣のビルで展示されている衣装も見に行きましたよ♪
Photo_17-05-30-14-23-12.656
今回のトップコンビ綺咲 愛里様と紅ゆずる様のお衣装。
 
 
最後に初出待ちも体験し、すっぴん?のスターの皆さまをお見送り。
普段から“男”を意識されてるのか、帰る時まで男前~♡
 
 
帰路のアタマの中はずっとテーマソング「ひとかけらの勇気」が駆け巡り、歩き方も心なしかっこよくなっちゃう澤田なのでした(笑)
また機会があったら行ってみたいです♪
 
では、また次回に☆ごきげんよう(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*