FREE PEACE

  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ
  • 03-5312-8331

TOPICS

スタッフブログ

30年前のロールケーキと企業理念(松田)


東京FPコンサルティング事務所 FREE PEACE(フリーピース)の松田です。
 
先日、母の還暦のイベントも兼ねて、北海道のニセコ町に小旅行に行きました。
ニセコは世界でも有名なスキーリゾートで、幼少期に毎年連れて行ってもらった思い出の地。
母は、25年振りのニセコで、年齢的に山を滑るスキーは辞退ということで、
歩くスキー(スキーシュー)を楽しみました。
18FDE580-CA13-41B6-B7B0-C1FBD2487CA3-1370-00000023AF71719B_tmp(左が母、中央が私、右は香港から遊びにきていた友人)
 
 

帰り途中に、地元の人のイチオシのケーキ屋さんに行こうということになり、
「お菓子のふじい」というお店に入り、並んだケーキを眺めていました。
 

電車で食べやすいシュークリームやクッキーを買おうとしていたところ、
母が、ロールケーキ1本を注文。おやおや?と思ったら
 
「お父さんのお土産に…^^」とのこと。
 

電車の中で聞いてみると、

35年頃前、結婚したてで私が生まれる前、
父はスキーに熱を上げており、週末となればニセコや長期の休みは海外へも行く程、
自由奔放に趣味を謳歌していたようで(おそらく母のことはほっぽらかし苦笑)
 
ニセコの帰りは、決まって償い土産に”ふじいのロールケーキ” を
買って帰って来てくれていた事をお店に入って思い出した、という話でした。
 
私が生まれて以降は、父の奔放スキー旅行も減り(おそらく母の圧力により苦笑)
ロールケーキの登場は消えたわけですが、35年後の今、再びの再会。
 
家に帰って食卓で食べた味は、「昔と変わらないね」という会話で、
今や、どんなにスキーに誘っても一緒に滑らない父を目の前にし、
なんだか家族の歴史を感じた場面でした。
(お店のWEBサイトから引用)pp_roll_03
 

こちらのお店の歴史を調べてみると、1950年から親子3代で続いている老舗でした。
新商品を生み出され続けてる店内や、途切れなくお客さんが来店する様子で
滞在わずか10分でも、生きているお店だなと感じました。

過疎が進む地方都市にもかかわらず、65年も経営が続くというのはすごいことです。

 

ロールケーキが入っていた素朴な紙袋に、こんなメッセージが。

 
—————————————————
お菓子のふじいは、こんなお店を目指します。

 ☆ 一生つきあえるお店
 誕生から故人への贈り物まで
 おやつ・お土産・特別な日に相談できる
 
 ☆ ココにとって必要なお店
 この町・この地域にとって必要とされ続けるため
 常に新しいことに楽しみながら挑戦
————————————————–
 

お店に滞在したたったわずかな時間で、
経営理念を実現をするための、経営努力や働く人の工夫を感じ取ることが出来ました。
 

ひと時ではない継続の企業努力。
ひとりではない働く人全員の工夫。
 

どんな業種でも、想いある経営が、人や地域に感動を作っていくだなと感じる
素晴らしい旅となり、次回は父も連れてニセコに行こうと締めくくられたのでした。

(今回も誘ったのに、日々の雪かき作業によりこれ以上の雪は勘弁と不参加だった!笑)
 
お菓子のふじい(北海道 ニセコ倶知安)https://sweets-fujii.com/  松田
  

30年前のロールケーキと企業理念(松田)への2件のコメント

    • お菓子のふじいのコメント
    • 2017年2月12日 11:11 PM

    先日はお越しいただきありがとうございます
    そして、素晴らしい内容のブログありがとうございます
    感動しました
    そのことを当店のブログにも記載しましたので
    ご覧ください。
    https://sweets-fujii.com/blog/2017/02/post-2633/

      • 松田 抄苗のコメント
      • 2017年2月17日 7:41 PM

      お菓子のふじい ちあき社長

      コメントをいただいたこととても嬉しく思います。
      シュークリームも、もちパイも、もちろんロールケーキも本当に美味しかったです。

      >たった数行ですが
      >納得いく文章にするのに1年ぐらいかかった言葉

      このフレーズにグッと来ました。

      父が話すニセコ・倶知安の想い出は、丸幸旅館さん、お蕎麦屋のやぶとみさん、そしてお菓子のふじいさん。
      世代を越えて、このような交流ができるなんて、とても特別な思いです。親子2代 お菓子のふじいの大ファンです。
      (松田 抄苗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*